鉄人サイクルクラブ
つくば市茎崎地区を中心に、サイクリング等を通じ健全な心身を養うシニアクラブ
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

研究所を訪ねて 2 地質標本館
        IMG_NEW_20161114162247a1d.jpg

  国土地理院から東大通りを南下し 市内東にある
   産業技術総合研究所の「地質標本館」へ

      * 山岸会員は所用のため途中で別れる。

conv0005_20161114162240ba3.jpg

  入館すると 正面のガラス窓の向こうに
  「地層の褶曲構造模型」が立ちはだかるようにある。

  約1億5,000万年前の地層が地殻変動で曲げられた
  宮城県牡鹿半島の崖の一部を模型にしている。


  常設展示場は 第1から4まで 順路に従って見ることができる。

  第1展示室(1階) ・デスモスチルス ・日本列島の地質模型
  第2展示室(2階) ・太平洋の海底地形
  第3展示室(2階) ・地震による液状化(地層はぎとり標本)・富士・箱根火山
  第4展示室(1階) ・分類展示の様子


 第1展示室 地球の歴史   

  地質図 生物の進化や郷土の地質などの展示により
    地球の歴史を知ることができる。

conv0006_20161114162242955.jpg
    日本列島の地質模型

 第2展示室 生活と鉱物資源 
   
conv0007_20161114162243e5c.jpg
       元素周期表
 
  日本で発見された113番元素の
  元素名および元素記号について 
  まだ決定されていないが
   元素名案は 「nihonium(ニホニウム)」
   記号案は 「Nh」 として申請されて
    この11月に決定されるらしい。



 第3展示室:生活と地質現象  

   火山 泉 地熱 活構造 活断層と地震
   ダイナミックアース 花崗岩などについて知る。

    conv0010_20161114162357fec.jpg
     「阿蘇山」の火山と火山岩

  先月(2016年10月8日)
   熊本県・阿蘇山が爆発的噴火したので
   特に説明を見入る。

conv0012_20161114162400504.jpg
   富士・箱根火山の地質立体模型

   地表部の火山岩の分布に加えて
   両火山とも火山内部の様子を断面図として見られる。

 第4展示室:分類展示

   岩石 鉱物 化石の分類学的展示や新着標本を見る。

conv0014_20161114162400105.jpg
  
  「県の石」があることを知る。
   2016年5月10日 日本地質学会は
   47都道府県の石を発表した。
   
     因みに 茨城県は 
      ・ 岩石:花こう岩
      ・ 鉱物:リチア電気石
      ・ 化石:ステゴロフォドン

conv0016_20161114162403306.jpg

  「日本の石」もあった! それは「ひすい」
  2016年9月24日 日本鉱物科学会は
  ”ひすい” を「日本の石(国石)」に選定した。
 
    conv0017_20161114162419ceb.jpg

  こちらは見ずらいが 展示されている原石の一つを
  手前タブレットを操作することで 3D 360度回転して
  原石等を見ることができるのだ。

   
   * 見学を終えて
    普段は 地球の表面しか見れないが
     足の下は 複雑な状態!
    
    女性は 宝石の名には強いが
    ともて我々には 岩石等の名は覚えられない。    
    せめて 茨城県の石だけは 覚えていきましょう!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

kukizakitetujin

Author:kukizakitetujin
茨城県つくば市茎崎地区を中心に サイクリング等を通じ健全なる心身を鍛えることを目的としたシニアクラブです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター           

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR