FC2ブログ
鉄人サイクルクラブ
つくば市茎崎地区を中心に、サイクリング等を通じ健全な心身を養うシニアクラブ
03 | 2018/04 | 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

春の強化合宿訓練 その5 常陸太田市
         広域

               西金砂地区から
                 常陸太田市中心部へ移動する。

  常陸太田市は
   久慈川とその支流に沿い南北40km 東西15kmと
    県内でも最大の市域面積を誇る。
     現在の人口は5万人。
  
  なお、牛久市と自然豊かな中山間地域と
   急激に都市化が進んだ首都圏地域という、
    それぞれの地域の特性を活かしながら、
     様々な分野で交流を図り,両市の健全な発展を目指すため
       昭和61年に姉妹都市を結んでいる。

    DSC01232.jpg

    我々が訪れた日の2日後 4月16日に
     NHK「鶴瓶の家族に乾杯」が
      ここ常陸太田市を舞台に放映された。



  常陸太田市内の見学は 先ず常陸太田駅から
   JR東日本・水郡線(常陸太田支線)の
   「JR常陸太田駅」 常陸太田支線の終着駅。
 
DSC01183.jpg

       西山荘をイメージしている大屋根

  1899(明治32)年4月太田鉄道の太田駅として開業。
  2011(平成23)年4月 新駅舎として使用開始。

  DSC01187.jpg

         DSC01188.jpg
 
             駅舎外壁に掲げられている駅名

DSC01186_2

   乗車人員は1日平均1,189人。
     他路線接続駅を除けば、水郡線内で最も多い。(2016年度)

      DSC01189.jpg

  屋根組には集成材が使用され、
   コミュニティースペースの床材には
   大理石、腰板等は地元産材が用いられている。

     DSC01192.jpg

  駅舎内に 日本最古の地層・正石質片石が展示されている。


    駅舎内の観光案内所で
      見どころ食事処の案内を受け 鯨が丘方面へ向かう。

    移動先は 駅の北 木崎坂をのぼって「鯨ケ丘」へ

    市内

  「鯨ケ丘」(図・紫色部分)という丘陵状の台地であるが
   海もない地に何故クジラ? 
 
   この台地が「海に浮かぶクジラに見えた」
    ことからその名がついたという。

DSC01210.jpg

  先ずは 台地の中心部 元町役場であった
   「梅津会館・郷土資料館」を訪れる。

            DSC01201.jpg



   DSC01197.jpg

    会館前の「梅津福次郎」の像と案内板

DSC01198_2018041722131066a.jpg

  「鯨が丘」一帯は 由緒ある史跡や土蔵造りの建物などが点在し
   昔懐かしい街並みが続く。

DSC01211.jpg

    「和田薬局」 懐かしい薬の看板が並ぶ。
      「龍角散」「猫イラズ」「健能丸」・・・

DSC01212_2.jpg

  マンゴク醬油の「立川醬油店」
    天狗・諸生の乱のときに傷ついた刀傷があるそうだ。

DSC01220.jpg

   鯨ヶ丘にはいくつもの坂がある。
   特に南の「木崎坂」「下井戸坂」
   東の「板谷坂」「塙坂」「東坂」
   西の「杉本坂」「十王坂」を太田七坂という。

   板谷坂(ばんやさか)の名前の由来は
    佐竹氏がこの地を治めていた時代に
   、 この地に「番屋」があったことからと言われている。

DSC01224.jpg

       坂下から望む「板谷坂」

    DSC01231.jpg

   NHK「鶴瓶の家族に乾杯」は
    1か月前の3月9日 雨の中のロケだった。
     板谷坂の途中にある児童公園が冒頭のシーンで 
      我々もこの公園でトイレタイムだった。
  
    DSC01214.jpg

     こちらは西の「杉本坂」
      七坂のうち 一番急な坂。
  
     名前の由来は坂の途中にある
      編照寺(右側)の山号「杉本山」から。

DSC01226.jpg
 
   板谷坂を下り 市内金井町にある そば処「赤土」へ

   屋号は 昨日宿泊した「かなさ笑楽校」の近くにある
    そばの産地「赤土」地区名から付けている。

   常陸秋そばのなかでも最高品質を誇る旧金砂郷地区赤土で
    自家栽培したそばを提供しているという。

     DSC01230.jpg

       本日いただいた「天ぷらそば」
   
DSC01227.jpg

  長年、日本料理で腕を磨いた店主が作る
   そば類は人気があるようで
    有名人などが訪れておりサイン色紙が飾られていた。

           ************

     常陸太田市は広く見どころが多い! 
      また機会を求めて訪れてみたい.

       
      昼食後 帰路へ
        日立南太田ICから友部SAでお土産を求め
          2時過ぎ 茎崎に戻り レンタカーを返す。
                      
                              お疲れさま!



スポンサーサイト



春の強化合宿訓練 その4 西金砂
DSC01158.jpg

   宿泊訓練を終え
           二日目は 西金砂周辺の探求訓練へ

DSC01160.jpg

  こちらは金砂郷地区北部にある
  日帰り入浴施設・西金砂湯けむりの郷「金砂の湯」。

  地下から汲み上げた,肌に良いとされる天然水「西金砂天然水」を使用し、
  周囲の山々を見渡せる露天風呂と広々とした内風呂が自慢とか。

    営業前なので またの機会にする。


      DSC01167.jpg

      「金砂の湯」から3km先の「西金砂神社」へ

DSC01165.jpg

   茨城百景の一つでもある「西金砂神社」

   西金砂山の頂上にある神社で
   祭神は大己貴命と国常立命と少彦名命。

    806(大同元)年に天台僧の宝珠上人が
   社殿を造り祭壇を設けて
   近江国比叡山の日吉神社の分霊を勧請・祭祀したのが
   始まりとされている。

   創建当時は,比叡山延暦寺の伽藍を模した七堂伽藍中堂を設け
   千手観音を諸沢村堂平に 鐘楼と経堂を赤土村太平山に建てたほか
   中染村羅漢沢に十六羅漢を祀っていた。

   中世は佐竹氏の厚い崇拝を受け
   近世には,徳川光圀公の宗教政策によって
   西金砂山から社寺や古仏像を廃し
   僧侶を別の地に移すとともに 社地26石を寄せられた。

   社地は自然林に囲まれた西金砂山の一帯を占めており,
   御神木の老杉,大イチョウ,大サワラなど,
   茨城県の天然記念物にも指定されている
   名木の数々を見ることができる。

DSC01168.jpg

   この神社には特異な祭りがある。

  72年に一度開催される祭りで,
  東西の金砂神社の氏子たちがそれぞれ600人ほどの大行列を編成し
  両神社から日立市水木浜までの間(約75km)を7日間かけて往復する。

  このような行列は「磯出」と呼ばれ,
  渡御の途中の数カ所で,国選択・茨城県指定文化財の田楽舞が奉納されるほか,
  水木浜では,磯出伝説にちなんだ非公開の神事が行われる。

DSC01241.jpg
          (NHK「鶴瓶の家族に乾杯」から)

  行列には,平安時代や江戸時代など,
  さまざまな時代の衣装を着た人々が登場し,
  天下泰平や五穀豊穣を祈願する。

  851(仁寿元)年に始まり2003(平成15)年に
  第17回目が行われている。(次回は2075年になる)

  起源は,その昔,金砂の神が水木浜に現れたことが
  神社の始まりとなったという逸話や
  神様を近江国日吉神社から金砂山へ出迎える際,
  海路を経て水木浜に着いた神様が
  久慈川とその支流を遡って金砂山に着いたという
  伝説からとか諸説あるようだ。

      DSC01169.jpg

     ここでは登山訓練!
        急坂の階段を 膝が笑うほどに登る。

西金砂神社1

            本殿前にて 参拝記念の一枚

DSC01176.jpg
  
   本殿よりさらに登り 西金砂山「展望台」からは
     新緑の山々の先 筑波山、男体山が確認できた。




春の強化合宿訓練 その3 笑楽校
DSC01141.jpg

   今回の宿泊訓練で一泊お世話になる

               「かなさ笑楽校」へ

    常陸太田市下宮河内町にあった 旧金砂小学校(2008年閉校)を
     生活体験できる宿泊型体験交流施設に改修し 
      「かなさ笑楽校」として2012年に開校した。

DSC01143.jpg
 
  開校から 5年半になる。 我々の人数も加算されているかな?


DSC01154.jpg  DSC01155.jpg
          5年1組                   6年1組

    備えられたシーツ2枚を使ってベットメーキング!
       30年前の宿泊体験が蘇る・・・。


笑楽校2
               多目的室

   土屋会員への功労賞授与式 俳句作品の発表
    また ”お口の準備運動”もあって話に花が咲き
      就寝時間まで懇親を深める。

DSC01152.jpg



DSC01149.jpg   DSC01151.jpg
          1日目夕食                 2日目朝食




春の強化宿泊訓練 その2 多昌寺・佐竹寺
DSC01118.jpg

     左から鐘楼、虚空蔵菩薩堂、本堂

       西山荘から南 近くに「多昌寺」がある。

DSC01113.jpg

  大山禅那院と号する久昌寺(きゅうしょうじ)

  1677(延宝5)年に徳川光圀公が生母の谷久子を弔うために建立した。
  久子の法号である「久昌院靖定大姉」からその名が付けられた。
  当初は現在の稲木町に建てられたものの,
  幕末の混乱期の影響を受けて荒廃していたが
  1870(明治3)年に現在の場所にあった久昌寺の
  末寺・蓮華寺と併合することで再建された。
 
  堂宇は本堂,庫裏,聚石堂,三昧堂,大宝塔などを備えているほか,
  年代ごとの光圀公の顔を掘った「木彫義公面」や公の
  暮らしぶりが細かく記された「日乗上人日記」,文永元(1264)年に
  書かれた日蓮聖人の消息文などの多くの寺宝が残されている。

久昌寺



   多昌寺の裏手の丘へ
 
DSC01126.jpg

       百数段の階段を登ると「義公廟」がある。

DSC01123.jpg

     aaa004_2.jpg


DSC01122.jpg

           義公廟から常陸太田市が一望できる



  

DSC01128.jpg

  常陸太田市天神林町にある
    鎌倉時代から江戸時代にかけて常陸国を支配した
    佐竹氏代々の祈願所・「佐竹寺」へ。

DSC01129.jpg

              佐竹寺の説明文

佐竹寺

   佐竹寺の正式名は「妙福山 明音院 佐竹寺」
   札所としては 「坂東三十三箇所の22番」
   
   山門(仁王門)は1940(昭和15)年に再建された。
   仁王像は宝永年間の作とされているが、最近 塗装修復されている。

DSC01132.jpg

   本堂は茅葺き寄棟造りで,
      正面中央には唐破風が設けられている。

DSC01134.jpg

   正面の火頭窓や柱,組物などに、
   桃山時代の建築物の先駆とも言える遺構が残されている。

DSC01136.jpg

   佐竹氏の家紋 定紋の「扇に月」 日の丸かと思ったが!



春の強化合宿訓練 その1 出発・西山荘
笑楽校1


    2018年4月13日(金)~14日(土)

      春の合宿訓練
        「かなさ笑楽校」
           (常陸太田市・金砂ふるさと体験交流施設)

       参加者: 鈴木 関根 内田 大澤 須能 島田 山岸 土屋 金井


DSC01027.jpg

 今回初めてレンタカーの移動!
   山岸会員の努力により14人乗りハイエースを借上。

DSC01030.jpg

  唯一大型運転免許所持者 関根会員の
   運転により全行程を移動する。
  
   一路 常磐道を下り 
       那珂IC から常陸太田市に向かう。  


DSC01039.jpg

    常陸太田市新宿町にある
       光圀公ゆかりの「西山荘」へ


DSC01042.jpg

  水戸二代目藩主 徳川光圀が1700(元禄13)年没する
  10年間 過ごしたご隠居所「西山荘」

DSC01044.jpg

DSC01095.jpg

        入口から受付へ進む

西山荘1

        受付を受けて 通用門前で

DSC01053.jpg

     家臣や領民が出入りした裏門。
        表門より立派にできているそうだ。

DSC01054.jpg

        「御成道」を進む

DSC01055.jpg

     通用門脇に広がる「紅蓮池」、
          別名「瓢箪池」赤い蓮の花が咲くという。

DSC01089.jpg

        「突上ご門」から御殿へ

DSC01072.jpg

     「溜の間」 使者や侍の控え室。

   説明には、「御座ノ間」と「御次ノ間」には敷居がなく、
   身分を越えて領民と親しく交わりたいという
   光圀公の考えが表れている。また、壁一面に書棚を設け、
   長押の釘隠の釘かくしには貝殻を用いた。
   御殿としての品格を持った造りになっている。

DSC01076.jpg

    「御学問所・御寝室」  “葵の紋”が目にひく。
    左手奥の3畳間の書斎は、「光圀」公が「大日本史」を編纂し、
    1700(元禄13)年 光圀公は生涯を閉じた。

DSC01079.jpg

    丸窓の部屋が「御学問所・御寝室」
    
DSC01204.jpg

    参考: 御殿全景模型(市内郷土資料館梅津会館)

DSC01077_2

        御殿の平面図

DSC01058.jpg

   御殿の奥 「守護宅」がある。
     西山荘を守護した武士の家。今は展示室になっている。

DSC01069.jpg

 「お胞衣塚」光圀公の後産(母体内で胎児をつつんでいたもの)を
   納めてある。

DSC01087.jpg

      「心字池」(白蓮池)
  
   案内板には「人の心は裏からも見よ。」との戒めから、
   「心」を裏から見た形に池を掘った。
   これは心を裏側から見ても潔白(正直)な人は
   友人に値すると教えている。
   この池には「白蓮」を植え、
   泥中の君子としてこの花を愛された。とある。

DSC01087.jpg

         園の奥にある「桜が池」

   説明には 光圀公は約5反歩の水田を耕作しており
   この池の水をその用水として利用していた。

DSC01099.jpg
                                                  
   不老池沿いの木道を進んだ奥にある「助さんの住居跡」
    今は井戸だけが当時の生活を感じる。

DSC01098.jpg

    「助さんの住居跡」の説明板

       DSC01102.jpg

  光圀が師と仰いだ中国の高名な学者「朱舜水」の碑があった。

  1885(寛文5)年 江戸の招へいされて
  光圀に思想的な影響を与え、
  日本の歴史書「大日本史」の編集のきっかけにもなった。
  この編纂過程で生まれた水戸藩の「水戸学」にも
  重要な役割を果たしたという。

西山荘3

   園内の「晏如庵」で 光圀もたしなんだお茶で一服。

        DSC01109.jpg

  茶室の掛軸にある「白珪尚可磨(はっけい なお みがくべし)」の意味を皆で一考
  資料によれば、中国最古の詩集・誌経(しきょう)の中の教え。
  珪は、白く清らかな玉のこと。
  白珪は瑕がついても磨けばよいが、言葉は言い損なうと取り返しがつかない。
  転じて「完全無欠の清らかな玉も、さらに磨くべきである」の意味。

DSC01112.jpg

   丁度 昼食の時 
     園内の休憩所・食事処「桃源」で食事

   DSC01111.jpg






プロフィール

kukizakitetujin

Author:kukizakitetujin
茨城県つくば市茎崎地区を中心に サイクリング等を通じ健全なる心身を鍛えることを目的としたシニアクラブです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター           

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR