鉄人サイクルクラブ
つくば市茎崎地区を中心に、サイクリング等を通じ健全な心身を養うシニアクラブ
10 | 2016/11 | 12
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

研究所を訪ねて 4 筑波宇宙センター 2
●人工衛星

    人工衛星
 
   人工衛星を用いて「いつでも、どこでも、誰でも」
   必要な情報が得られる新たなインターネット社会にと開発され
   今 運用中の人工衛星の働きは 
   人間の生活の営みにも大きく貢献していることを知る。

 1)全球降水観測計画/二周波降水レーダ「GPM/DPR」
JAXA_ (38)だいいち
   
  GPM主衛星と副衛星群で3時間毎の全球降水観測へ。

 2)陸域観測技術衛星2号「だいち2号」(ALOS-2)
JAXA_ (84)だいいち2号

 3)水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W)
JAXA_ (85)しずく

  人類の今と未来のために
  地球の水循環の観測をおこなうことで
  地球環境の変化を監視している。

 4)温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)
JAXA_ (36)いぶき

  二酸化炭素やメタンなどの濃度分布を高精度で
  推定するための観測衛星。

 5)超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)
JAXA_ (21)きずな


 6)技術試験衛星VIII型「きく8号」(ETS-VIII)
JAXA_ (29)きく8号

 移動体通信をもっと便利にする
     世界最大級の静止衛星。


●他に天文観測衛星

   JAXA_ (80)惑星

   現在 運用中の観測衛星

 ○太陽観測衛星「ひので」
   太陽の影響を究明
 ○X線天文衛星「すざく」
   ブラックホールや銀河団の構造と進化を探る。
 ○X線天文衛星「ひとみ」
   熱い宇宙の中を観る 新世代のX線天文衛星。
 ○惑星分光観測衛星「ひさき」
  世界初! 惑星を観測する宇宙望遠鏡。
 ○磁気圏尾部観測衛星「GEOTAIL」
   地球磁気圏の尾部を探り
   太陽からのエネルギーの流れを調べる。
 ○小型高機能科学衛星「れいめい」
  インハウスで開発する先進的小型衛星。
 ○金星探査機「あかつき」
   金星探査時代の幕開けは日本から。
   地球の双子星、金星の謎を探る。
 ○小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」
   太陽の力で推進する宇宙ヨット。
 ○小惑星探査機「はやぶさ2」
  太陽系の起源・進化と
  生命の原材料物質の解明を目指して。

   こんなにあるとは・・・

                                ─ 続く ─




スポンサーサイト
研究所を訪ねて 3 筑波宇宙センター
JAXA_ (3)集合


  2016年11月23日(水・祝日) 曇り

      「JAXA・筑波宇宙センター」を訪ねて

             参加者 鈴木 関根 大澤 金井

JAXA_ (5)案内板

●大西卓哉宇宙飛行士展「広報・情報棟」

JAXA_ (6)特別展

JAXA_ (101)垂れ幕
 
  2016年10月30日(日)12時58分(日本時間)に
  大西卓哉宇宙飛行士が搭乗する
  ソユーズ宇宙船(47S)が
  カザフスタン共和国に着陸し
  15日間の宇宙滞在を終え 無事地球に帰還した。
  その偉業を記念して 特別展示が開催されている

  大西宇宙飛行士は
  2016年7月9日から国際宇宙ステーション(ISS)での
  長期滞在を開始し 「きぼう」日本実験棟を含む
  ISS各施設のシステム運用
  科学実験、日本人で初めてロボットアームを操作して
  シグナス補給船をキャプチャするなど
  多くのミッションを行いました。

JAXA_ (14)

  長期滞在クルー(JAXA宇宙飛行士)


●展示館「スペースドーム」
JAXA_ (16)

 00ドリームポート

 01 マモルホシ
  筑波宇宙センターの概要と
  人工衛星の活躍について紹介している


 02 人工衛星による宇宙利用(情報通信・測位)
  データ中継技術衛星「こだま」の試験モデルをはじめ
  情報通信・測位分野で活躍する
  人工衛星のミッションと成果を紹介。
    
    1) ゆり
JAXA_ (19)ゆり
  
    2) こだま
JAXA_ (20)こだま

   3) きずな
JAXA_ (21)きずな


03 未来をひらく人工衛星
  最近打ち上げられた衛星
  これから打ち上げられる衛星や
  今話題のホットな人工衛星たちを紹介

JAXA_ (84)だいいち2号
   だいち2号(陸域観測技術衛星)

   2006年 国内とアジア太平洋地域等の
   地図を作成 災害監視 予防および
   環境保全などのための地表の高分解観測に活躍中。
   アマゾン森林破壊の監視もしている。


04 人工衛星による宇宙利用(挑戦の歴史)
  術試験衛星「きく」シリーズを軸に
  日本の宇宙開発の歴史をたどり
  「きく」から積み重ねてきた数々の成果を紹介

 ●きく1号
JAXA_ (27)きく
 
 ●きく8号
JAXA_ (29)きく8号

    アンテナを広げると
     タテヨコ40mにもなる世界最大級の静止衛星。
     携帯電話やカーナビの役に立っている。


05 人工衛星による宇宙利用(地球観測)
   陸域観測技術衛星「だいち」の試験モデルをはじめ
   地球観測分野で活躍する人工衛星の
   ミッションと成果について紹介
 
  ●いぶき
JAXA_ (30)いぶき

  リアルタイムで飛行中の映像が送られてきている。

06-07 有人・宇宙環境利用
   「きぼう」実験棟
JAXA_ (24)実験棟
 
   国際宇宙ステーション
    「きぼう」日本実験棟の実物大モデルを展示

08 歴代ロケット模型

JAXA_ (73)歴代ロケツト


09 宇宙科学研究・月惑星探査 
   月周回衛星「かぐや」の試験モデル
    「はやぶさ」1/2スケールモデルを中心に
    宇宙科学・月惑星探査について紹介
 
JAXA_ (79)かぐや
  

●打ち上げ予定
  打ち上げの模様はYouTubeなどで
      ライブ中継をする予定とか。

  1) 2016年12月9日(金):種子島宇宙センター
    宇宙ステーション補給機
     「こうのとり」6号機(HTV6)を搭載した
      H-IIBロケット6号機(H-IIB・F6)
 
  2) 2016年12月20日(火):内之浦宇宙空間観測所
     ジオスペース探査衛星(ERG)を搭載した
     イプシロンロケット2号機


●ミュージアムショップ
  JAXAや宇宙に関連したグッズの販売
JAXA_ (88)  JAXA_ (92)マグネット
 
    
●ロケット広場
JAXA_ (4)集合

  50mもある本物のH-IIロケットの実機をバックに。

                              
                           ─ 続く ─

  




くきざき 夢まつり
conv0011_2016112016452467f.jpg

  2016年11月20日(日) 晴れ
             (茎崎運動公園)
  
     「ききざき 夢まつり」


修正2

       BS2団OB会も参加出店

conv0002_2016112016452436e.jpg

        手作り花器

修正1

       「どうですか?」

conv0005_20161120164521763.jpg

 「さあ~ 寄ってらっしゃい! 見てらっしゃい!」
          啖呵売?



研究所を訪ねて 2 地質標本館
        IMG_NEW_20161114162247a1d.jpg

  国土地理院から東大通りを南下し 市内東にある
   産業技術総合研究所の「地質標本館」へ

      * 山岸会員は所用のため途中で別れる。

conv0005_20161114162240ba3.jpg

  入館すると 正面のガラス窓の向こうに
  「地層の褶曲構造模型」が立ちはだかるようにある。

  約1億5,000万年前の地層が地殻変動で曲げられた
  宮城県牡鹿半島の崖の一部を模型にしている。


  常設展示場は 第1から4まで 順路に従って見ることができる。

  第1展示室(1階) ・デスモスチルス ・日本列島の地質模型
  第2展示室(2階) ・太平洋の海底地形
  第3展示室(2階) ・地震による液状化(地層はぎとり標本)・富士・箱根火山
  第4展示室(1階) ・分類展示の様子


 第1展示室 地球の歴史   

  地質図 生物の進化や郷土の地質などの展示により
    地球の歴史を知ることができる。

conv0006_20161114162242955.jpg
    日本列島の地質模型

 第2展示室 生活と鉱物資源 
   
conv0007_20161114162243e5c.jpg
       元素周期表
 
  日本で発見された113番元素の
  元素名および元素記号について 
  まだ決定されていないが
   元素名案は 「nihonium(ニホニウム)」
   記号案は 「Nh」 として申請されて
    この11月に決定されるらしい。



 第3展示室:生活と地質現象  

   火山 泉 地熱 活構造 活断層と地震
   ダイナミックアース 花崗岩などについて知る。

    conv0010_20161114162357fec.jpg
     「阿蘇山」の火山と火山岩

  先月(2016年10月8日)
   熊本県・阿蘇山が爆発的噴火したので
   特に説明を見入る。

conv0012_20161114162400504.jpg
   富士・箱根火山の地質立体模型

   地表部の火山岩の分布に加えて
   両火山とも火山内部の様子を断面図として見られる。

 第4展示室:分類展示

   岩石 鉱物 化石の分類学的展示や新着標本を見る。

conv0014_20161114162400105.jpg
  
  「県の石」があることを知る。
   2016年5月10日 日本地質学会は
   47都道府県の石を発表した。
   
     因みに 茨城県は 
      ・ 岩石:花こう岩
      ・ 鉱物:リチア電気石
      ・ 化石:ステゴロフォドン

conv0016_20161114162403306.jpg

  「日本の石」もあった! それは「ひすい」
  2016年9月24日 日本鉱物科学会は
  ”ひすい” を「日本の石(国石)」に選定した。
 
    conv0017_20161114162419ceb.jpg

  こちらは見ずらいが 展示されている原石の一つを
  手前タブレットを操作することで 3D 360度回転して
  原石等を見ることができるのだ。

   
   * 見学を終えて
    普段は 地球の表面しか見れないが
     足の下は 複雑な状態!
    
    女性は 宝石の名には強いが
    ともて我々には 岩石等の名は覚えられない。    
    せめて 茨城県の石だけは 覚えていきましょう!




研究所を訪ねて 1 地図と測量の科学館
conv0008_20161111010106904.jpg

    2016年11月8日(火) 晴れ 

     サイクリング 
       学園都市の研究所を訪ねて

           参加者 関根 山岸 金井

   9:00 高崎自然の森に集合

   出発前 山岸会員のたてたコーヒーで
          冷えた体を温め 出発準備!

conv0001_201611110101044d5.jpg

 並木も色づき 枯れ葉が舞う中 
  学園都市北部 国土地理院を目指す。

conv0004_20161111010337cfb.jpg

  国土地理院は 1979(昭54)年 筑波に移転し
  「地図と測量の科学館」は
  1996(平8)年 に開館している。

  地図や測量に関する歴史 原理や仕組み
  新しい技術などを 総合的に展示している。

conv0006_20161111010341c60.jpg

  玄関を入ると 足元には
  10万分の1の日本列島空中散歩マップがあり
  赤青のメガネで見ると立体的に見える。
  また横には地図記号が展示されている。

conv0007_201611110103412d5.jpg

    さて どれだけ読み解けますか?

conv0020_201611110105012d8.jpg

  常設展示室は 
    「地球に向かう」
    「情報に向かう」
    「暮らしに向かう」の3つをテーマにし
   パネル 測量機器 
   コンピュータなどを利用して展示している。

conv0022_201611110105023e6.jpg

  世界初の図化機「オートカルトグラフ」などが
  展示されている。

conv0008_2016111101045857b.jpg 
conv0009_20161111010501e47.jpg 
  (明治0年代 と 平成10年代の東京中心部)

   明治から現代への移り変わりが
    地図を比較してよくわかる。
 
   「地図は歴史の証言者です
    時代の価値観 文化などが表現されています。」とある。



  特別展示室には
   「絵図・古地図」・・・「見る」「観る」「覧る」
   「児童生徒の地図作品」
   「測量機器発達史」
  などが展示されている。


 〔屋外展示:地球ひろば〕

conv0024_20161111010502480.jpg

  20万分の1「日本列島球体模型」は
  高さ約2m 直径約22mあり
  高度約300 kmの人工衛星から見下ろした
  地表に相当するとも。
  模型の上に立つと地球の丸さが体感できる。

    conv0038_201611110106281ae.jpg

  電子基準点は 約20km間隔で全国に
  約1300か所設置されている。
  受信したデータの収集解析は
  本院で行っている。
  地殻の変動も分かるそうだ。

conv0036_20161111010629dd3.jpg

  役目を終えた
  測量用航空機「くにかぜ」が展示されている。
  
  1960年から1983年まで、大空を飛び回り
  日本列島の航空写真を撮って 
  その飛行距離約223,000km(地球を5周半)。
  
    conv0042_20161111010631218.jpg
       (測地観測塔)
 
 この塔の真下に
  三角点「筑波原点」が設置されていて
 最上階から周辺の三角点間の観測を行うのだが
  この塔は 今使われていない。

conv0041_20161111015405df8.jpg  

  構内に設置されている
   「つくばVLBIアンテナ」
    (超長基線電波干渉計)が見える。
 
  平成10年の完成以来  
  世界中のVLBIアンテナと協力して、
  地球の大きさや形 プレート運動などを測ってきた。

  これにより 日本の正確な位置と
  その動きを知り 各種測量に役立てられ
  また 地球の自転を観測した結果は
  「うるう秒」の決定にも使われた。

    000145371.jpg
 
  このたび新たに
   石岡市に最新型のアンテナを設置して 
   この老朽化したアンテナは
   今回撤去されることになった。
   そのため企画展が開催されている。

〔特別展 〕 

   000144783.png 

   conv0016_20161111010746dce.jpg

  この特別企画展は 
  昨年2015年 隣町常総市の鬼怒川の
  決壊に伴う水害を分析し
  我々の生活を 水害から守る意識を
  高めることを目的としている。
  
  *見学を終えて
    江戸時代から始まった我が国の地図作りや
    過去に被った いくつかの噴火・洪水・氾濫などの災害は
    地形ととても深い関係があることを知る。
    
    また 我々が住む町の地形やその土地の成り立ちを
    よく知っておくことが 大切だということがよく分かる。

                            ─ 続く ─




プロフィール

kukizakitetujin

Author:kukizakitetujin
茨城県つくば市茎崎地区を中心に サイクリング等を通じ健全なる心身を鍛えることを目的としたシニアクラブです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター           

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR