鉄人サイクルクラブ
つくば市茎崎地区を中心に、サイクリング等を通じ健全な心身を養うシニアクラブ
04 | 2016/05 | 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

強化サイクリングと水害復興支援
2016_05_石下_ (1)

  2016年5月19日(木) 快晴

    ”強化サイクリングと水害復興支援”

    参加者: 鈴木 内田 大澤 山岸 高井 の5名
 

   (今回は体力と支援財力のある特別選抜メンバーに限定)


  朝一番で多数決にて
  車で つくば市面野井にある
  山新グランステージまで
  行くことが急遽決定し
  房内橋~山新まで車3台に分乗し
  9:30 山新からスタート→ ゆかりの森左折

2016_05_石下_ (2)

  つくば市上郷の農産物直売所「四季の郷」にて休憩

2016_05_石下_ (4)

  10:50 常総市 新石下にある豊田城(地域交流センター)へ。
  残念ながら被災して閉館中で見学出来できなかった。
  
   写真左の銅像はこの地に生まれた
    歌人・農民文学者の「長塚 節」の旅姿像

長塚節生家

  〔参考〕 常総市国生にある 長塚節の生家
        ここにも旅姿の像が置かれている。

2016_05_石下_ (5)

  11:10 新石下の稲荷神社

2016_05_石下_ (7)

  境内の樹齢500年の大ケヤキ(太さ6.2m)は
  常総市指定の天然記念物になっている。
  
  この大ケヤキの傍らで 
  山岸会員が煎れたコーヒーで一服。

2016_05_石下_ (9)

  石下稲荷神社由来記

2016_05_石下_ (22)

  11:3 5稲荷神社の西側
   「一人娘蔵元(山中酒造)

2016_05_石下_ (12)

  モンドセレクション・ハイクオリティ・トロフィー受賞(1997)

2016_05_石下_ (11)

  平成12年 プリンスホテルさくらタワー
  七軒茶屋の日本酒番付において
  「一人娘本醸造酒」が横綱に選ばれている。

    純米吟醸酒などを各自購入した。

  この先からは石下町の商店を巡り
  地域名産を買い求めることにより
  災害復興支援に貢献する。
  
   * 平成27年9月 
       東日本豪雨に伴う鬼怒川決壊により
       常総市は甚大な被害を受けた。

2016_05_石下_ (14)

  11:50  本石下の若鶏の丸焼きの店「クロサワ西原店」へ

2016_05_石下_ (15)

  手羽焼き、もも焼きなどを

2016_05_石下_ (19)

  横隣の「だんご春子屋」本店へ

2016_05_石下_ (17)

     だんごを購入

2016_05_石下_ (20)

  12:20 石下駅
   1913(T2)年 常総鉄道と同時に開業している。
    昨年の災害時には水没している。

2016_05_石下_ (23)

  12:40昼食は 新石下 「すき家・常総石下店」で


   帰路は小貝川沿いで山新へ

     向かい風であったが全員無事到着した。 

              お疲れ様でした!


スポンサーサイト
交通規則学習&サイクリング
conv0016_20160506200634b03.jpg


   2016年4月30(土) 晴れ 9:00~15:15

    交通規則学習とサイクリング

            (鈴木 関根 大澤 金井)

conv0001_2016050620063052c.jpg

   9:00 牛久市「どきどきファーム」に集合し
    軽い打ち合わせを済ませ 出発。

conv0002_201605062006310e1.jpg

  進む途中 “平地林” の文字に引き付けられる。  
  「平地林」とはと調べると 
   つくば市で この事業を進めているという。

   詳細→「つくば市 平地彬・里山林の保全整備

   conv0010_2016050620063283a.jpg

           二宮公園の時計塔

     conv0009_20160506200631ab0.jpg
       
  公園前のコンビニに立ち寄った際 
  駐輪場の脇に ポールが立っている。
  何だろうと近寄ったら 「リード・フック」
  犬を連れて店内に入らないようにと
  設けられているようで 
  愛犬家には好評のようだ。

conv0008_2016050620074292c.jpg

  5月15日から17日まで
  G7の科学技術大臣会合が開かれるので
  当日は交通規制があるようだ。

conv0012_2016050620074279e.jpg

   この道も規制の対象になるのだろう

conv0026_20160506200748289.jpg
  
  今日のメイン つくば市吾妻にある「さくら交通公園」へ
  当日は ゴールデンウイーク中 
  駐車場は満車 園内は子供で混雑している。

conv0024_2016050620074539c.jpg

  オランダのアムステルダム駅舎を模した建物は
  なかなかのムードを醸し出している。

conv0023_20160506200745855.jpg

  「国鉄東名ハイウエイバス」が置かれている。
  国鉄バスが東名高速線の運行に際して開発させ
  1969(s44)年から1986(s61)年まで導入された。
  
  筆者も 70年の大阪万博の見学で
  このバスを利用したことを思い出す。

   conv0014_2016050620104377a.jpg

   懐かしいロゴ 「国鉄・スワローズ」
   かつてのプロ野球の「スワローズ」も
   合わせて思い起こす。

   因みに「スワローズ」の名称は
   国鉄が当時最速を誇った
   特急列車であった「つばめ」号に由来している。

conv0019_20160506201047d2a.jpg

   蒸気機関車の名作「D-51」の実物展示

conv0018_201605062010464c4.jpg

   昭和12年9月に完成した
   日立製作所製造の蒸気機関車D5170
   山陽本線や北海道各地を走った
   その走行距離はなんと、
    「月まで3往復して
     また月に行ける程の距離」とある。

conv0025_20160506201048f54.jpg

   関根技術本部長から
   詳細にわたりD51の仕組みの説明

conv0027_20160506201553287.jpg

  子供たちと混じって 交通ルールを順守し 
   信号もある園内コースを走る。
  しかし コースは子供用の設定になっているので
  曲がり角は 大型車には中々難しいのだ。

conv0028_20160506201554b6b.jpg

  吾妻にある「つくば市民ギャラリー」へ

     conv0029_20160506201554e11.jpg

     「植物画展」
  大澤会員の知り合いの作品が出展されている

conv0033_20160506201555cea.jpg

   植物画(ボタニカルアート)の作品造りは
   コツがあって
     「観念で描かず観察して描く」
     「練習が上達のヒケツ」 
    そして「楽しんで描く 」 ことだそうだ。
    これは 他の趣味にも通じますね!

conv0034_20160506201557e28.jpg

   「つくば市民ギャラリー」ホールの片隅に
   「シルバー・スクリーン・カウボーイ」の
   ブロンズ像が置かれていた。

    conv0035_20160506201136ec4.jpg

     何故 「つくば市」に寄付されたかは
      かりませんでした。

conv0037_20160506201137240.jpg

   天久保にある「大成軒学園店」へ
   少々看板が気にかかる。
     「成」が破れているが 
     これで“大成”しますかね?

   conv0038_201605062011386aa.jpg   conv0039.jpg

        ラーメンが激安でした。

conv0041_2016050620114212d.jpg

   大成軒の真向え 松見公園にて
   次回の事業計画を熱心に検討する。

      conv0043_20160506201220989.jpg

    国道408号沿いのコンビニによる。

    この「ミニストップで」 創業(1980年)から
    販売されている
    人気 ”ソフトクリーム” の味覚を研究する。

conv0045_20160506201222ca9.jpg

       街路樹にも若葉が芽吹く

conv0042_201605062012198d0.jpg

conv0047_20160506201223728.jpg

    季節は巡って 明日は もう5月
      藤の花が咲き 田植えの準備も

conv0048_20160506201225111.jpg

  大澤会員の愛園へ
    栗の木が順調に実をつけている
    秋の収穫が楽しみ!

      この後 午後3時過ぎ 解散となる。

          本日の走行距離 40km

                 お疲れ様でした!




BS・OB総会
001.jpg

       2016 年 4月 29日 (金・祝日)

        BS ・ OB総会    会場: 六斗の森 
   

          発団して33年  そのOB会が発足し 総会が開かれた。

              我がクラブ会員も参加した。 


 
春の強化合宿訓練 6 柿田川・帰途
柿田川 (13)

  最終 学習地は 駿東郡清水町 
   国道1号線脇にある「柿田川公園」 (15:50到着) 

  柿田川は狩野川水系の河川ではあるが 
   全長は約1.2kmと日本で最も短い一級河川である。
    ここ柿田川公園の「わき間」から
     湧き出る湧き水に源を発し
      清水町役場付近で狩野川に合流している。

  長良川・四万十川とともに日本三大清流に数えられ
   1985(昭和60)年 柿田川湧水群として
    名水百選に選定された。
     さらに国の天然記念物にも指定されている。

柿田川 (3)

柿田川 (6)

柿田川 (5)

   柿田川の水温は季節を問わず15℃前後。
    流量も年間を通して ほぼ一定を保っている。
   湧水は 富士山への雨水や
    雪どけ水が三島溶岩流に浸透し、
      先端部 柿田川公園から湧き出でいる。
       
柿田川 (4)

柿田川 (9)

   こんこんと湧き出る水量は1日約100万m³ 
         東洋一の湧水量といわれている。

柿田川 (2)

  こちらは第2展望台

柿田川 (17)

      湧水の色が真っ青で神秘的

柿田川 (1)

        

柿田川 (29)

          八つ橋にて

   名水に劣らぬ歌声で 
     “ワ~ワ~ 今日も雨だった!”

柿田川 (27)

   八つ橋の湧き間

柿田川 (22)

   湧水広場

柿田川 (35)

  柿田川「泉の館」(高野邸)

  かつては豊富な湧水を求めて工場が進出し
  その排水のたれ流しにより水質が悪化し
   魚も住めない状態になっていた。

   1980年代 地元有志による
   ナショナルトラスト運動が始まり
   工場の移転運動や清掃活動が行われ
   カワセミ等も生息する環境が残された。
   
   柿田川公園に隣接して 製紙業を営んでいた 
   築80年以上を経た母屋と蔵がある。
   今は改修し 名水を使った
   蕎麦や豆腐などの飲食店 土産物店になっている。

柿田川 (41)

柿田川 (37)

     その主人「高野二三」の銅像

柿田川 (40)

    湧水を汲んで持ち帰ることもできる。


   約1時間の見学だったが 学習内容が
    この湧水量と同じく量が多く 
     オーバーフローして
      頭に入ったかどうか・・・



conv0008_20160503234124369.jpg

  帰途は 2012年開通の 新東名 長泉沼津ICへ
   丁度 17:00

conv0009_2016050323412937d.jpg

   東名道から 2014年開通の圏央道 
    17:50 厚木PA(外回り)

conv0010_201605032341312c0.jpg

   小休止 ホットコーヒーが美味い!


  厚木から圏央道を走り 
   終点 境古河ICで下車し 一般道へ
 
  ここから圏央道「つくば中央」まで 
  28kmの間は
  軟弱地盤のため工事が伸び
  開通は未定のようだ。

conv0011_2016050323413149b.jpg

  conv0012_201605032342071b1.jpg   conv0013_20160503234211ce3.jpg
  
  19:40 常総市新石下のラーメン店にて夕食と反省会
   普通盛りと大盛りを注文し 
    大盛り分を分け合う。生活の知恵か?
  
行程

  21時過ぎ つくば市稲荷前 GSにて解散
   今回の走行総距離 480km
    流石 ハイブリット車 ガソリンの補充はたったの26ℓ
      全行程 運転し 車を提供してくれた 
       関根・相澤会員に感謝します。 

                 お疲れ様でした!

   過酷な「春の強化合宿訓練」は無事に終了した。
    そして 今回の学習等の成果は 
     それぞれの人生に 活かされることを期待し
       筆を置きます。


春の強化合宿訓練 5 伊豆のへそ・パノラマパーク
道の駅 (1)

  サイクルスポーツセンターから
   伊豆の国市 国道414号線 
    狩野川沿いににある
     道の駅 「伊豆のへそ」 へ

道の駅 (2)

       2006年に開駅

  道の駅 (11) 道の駅 (9)

   昼食は
    みなさん 昨夜の”胃の疲れ”か
     おそばでした。

道の駅 (7)

  ここで あらためて 
   相澤会員の誕生祝いが開かれる。

道の駅 (5)
  
  土屋会員の咄嗟のアイデアで作った
   特製ローソクとバームクーヘンの
     バスディーケーキ!!
      一気に吹き消す? 相澤会員 



パノラマパーク (2)

  道の駅「伊豆のへそ」から IC長岡に近い
   「伊豆の国パノラマパーク」へ

パノラマパーク (4)

  標高452mの葛城山の山頂と
   北麓を利用した観光施設
    1962(S37)年に開業

  ロープウェイは
   片道1,791m 高低差411m あって
     所要時間約7分。

パノラマパーク (11)

       展望デッキにて

パノラマパーク (6)

   鷲頭山 越しに 
    気持ち 富士山が見えるような
 
IMG_NEW.jpg

  快晴ならば チケットのように
   富士山 箱根の山々 南アルプスなど
    が望めるのだが。

パノラマパーク (14)

       「二等三角点」
   
   三角点はとは 経度・緯度・標高の
   基準になる測量の点で
   見晴らしの良い場所に設置されている。
   二等三角点は 設置間隔約8kmで
   全国に約5000点設置されてあるそうだ。

パノラマパーク (16)

パノラマパーク (17)

  
   伊豆に流された折 
    この葛城山にて
     鷹狩りをしたということで
      建てられた 源頼朝の像

パノラマパーク (9)

  こちらには 大きな下駄が置かれている。
   これは「下駄供養塚」で
    伊豆長岡温泉の旅館やホテルで
     務めを終えた下駄を供養している。

パノラマパーク (22)

  園内「さえずりの丘展望台」には、
   恋人の聖地の象徴である「幸せの鐘」がある。

パノラマパーク (21)

  平成22年「恋人の聖地」に
   静岡県では9番目に選定された。

    我々には  
    ”生きた幸せの鐘”であり
       ”老人の聖地” かもしれない・・・



          ━ 続く ━





プロフィール

kukizakitetujin

Author:kukizakitetujin
茨城県つくば市茎崎地区を中心に サイクリング等を通じ健全なる心身を鍛えることを目的としたシニアクラブです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター           

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR