鉄人サイクルクラブ
つくば市茎崎地区を中心に、サイクリング等を通じ健全な心身を養うシニアクラブ
12 | 2016/01 | 02
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐寒サイクリング&植物園
20160120_1.jpg


 2016年1月20日(水) 快晴 
 
   緊急企画
     「耐寒ミニサイクリング & 筑波植物園」

            参加者 関根 内田 金井


霜柱2

 日本中が真冬日!
 つくば市の今朝の温度 マイナス3.4度 霜柱が立ち
 水たまりには氷が張っている。 
 日中になっても最高で6.7度 
  加えて “つくば下ろし”が吹くので
   体感温度は それ以下。
    正に 耐寒サイクリングにふさわしい一日でした。

二池3
 
  先ず 牛久市上柏田にある「二池」へ
  住宅地の真ん中にこんな池があるとは。
   調整池であるから当たりまですね・
    でも 池の周りには“枝垂桜”の木が植わっているが
   咲いたときは見事なものになるそうだ。
   
   因みに 何故「二池」なのか?
  調整池になる前は二つに分かれていたところからで
  またズボン下にはく “猿股”のような形であったことから
  「さるまた池」とも呼ばれていたとか。

愛宕神社1

  牛久警察署の北側に鎮守している「愛宕神社」だが
  「愛宕脇古墳」と 古墳でもある。

愛宕神社2

  古墳は 円墳 径約18.5m 高さ約2m
 
西友集合

  ひたち野うしく駅前の 西友へ
  1Fベーカリーコーナーで コーヒーとドーナツで
  先ずは 寒さへの対応で 一息!

駅2

  ひたち野うしく駅横の連絡通路を抜けて西口へ

みずべ公園1
 
  ひたち野うしく駅から国道6号を越えたところに
  約6万平米の大きな公園がある。

  「ひたち野みずべ公園」で中心部には大きな調整池があり 
  その池の形をデザインした案内板が掲げられていた。

西大通1

  西学園大通りを北上

西大通2

  
  残念ですね! パトカーに捕まる車があった。

乙戸沼沼1

  西大通りから東にそれて 
  土浦市の「乙戸沼公園」へ
    池の周囲には桜木が植えられ
     桜の名所にもなっている。

乙戸沼2

  「乙戸ファミリースポーツ公園」も隣接してある。

MAX.jpg

 下広岡にあるリサイクルショップ「マックス学園本店」へ

幸喜1
 
  MAXの東大通りを挟んで真向にある麺処「幸喜」へ
  この店大勝軒のグループなのか 
   大勝軒の大将の顔写真が看板にある。
  3人とも「ら-めん」の食券を買い求める。
  スープは 少々塩分高め 麺は中太の少々固めでした。

東大通1

  東大通りを更に北上

植物園1

 天久保にある「筑波実験植物園」へ
 今日の見学は 世界一美しい花木という「ヨウラクボク」が
  開花したというので 入園へ。
 65歳以上は証明するものがあれば
無料で入園できる。(入園料310円)

conv0047_20160122194640bd1.jpg

  園の奥にある「熱帯雨林温室」へ

ヨウラクボク

  気品ある花の姿から
   世界一美しい花木という
        「ヨウラクボク」
  
   2008年の高知牧野植物園以来 
  野生の木は国内2例目で 今月8日に開花した。
  花は手のひらほどの大きさで 
  何とも言えない赤色が陽に映えて美しい。。

説明

植物園5

 他の温室へも

  室内と外の寒暖の差があって カメラレンズが曇る。

つくば駅

  植物園の見学を終え 
  つくばエキスプレス・つくば駅前を通過

REX.jpg

 着いた先は 
 小野崎にある中高品を扱うリサイクルショップ
  WonderREXつくば店」
  茨城・千葉中心に20店舗を展開している
  今日は2軒目のリサイクル店だ。

白菜畑

 帰途 白菜畑を見るが この間までの暖冬で
 白菜が大きくなりすぎて 出荷できなかったようだ。
  このところの寒さがあったならば・・・

イオン

 稲岡にある「イオンつくば店」へ
  ラウンジで 今日の反省と雑談で 大いに盛り上がる。


    5時半 解散
       予定ではミニサイクリングではあったが
   走ってみれば 走行距離 43kmで
   ミニではなかった。 お疲れ様でした!




スポンサーサイト
手賀沼西畔 周遊
明けまして おめでとうございます

 本年も 種々企画し ゆっくりと楽しみながら 

  会員相互の親睦を 深めていくことにしております。

     よろしく お願い申し上げます。

************************

conv0014_20160114193454bad.jpg
         手賀沼「文学の広場」にて
   
  2016年1月12日(火)ときどき雪が舞う曇天

      新春ドライブ & サイクリング

       “手賀沼 西畔 半周コース”

           参加者  鈴木 関根 大澤 金井 の各会員
     

  今回 新春サイクリングは 
  成田の航空科学博物館の見学を
  予定していたが 当日は休館日とわかり
  急きょ 昨年の手賀沼東半周の残りの
  西半周を サイクリングすることに変更した。
  
     8:30 マスダ店に集合し 
     車2台に バイクを乗せ 我孫子にむかう。
 
conv0004_20160114193452a10.jpg

  9時過ぎ JR我孫子駅前にある
   観光案内所 「アビシルベ」にて
   観光パンフレットなどを入手する。

conv0002_20160114193449ec4.jpg
       JR我孫子駅南口

conv0001_20160114193448a50.jpg

   駅前にある 蒸気機関車のモニュメント。

  明治29年に開通した常磐線に 尽力した 飯泉喜雄氏が
  我孫子駅誘致のために 私財・私有地を無償提供し
  我孫子の発展に尽力したことを讃えている。

conv0003_201601141934512a9.jpg

      「我孫子市ゆかりの文化人」の碑

  写真は 武者小路実篤邸の庭で 大正6年に撮られたもので
  志賀直哉・武者小路実篤・柳宗悦・バーナードリーチ
  ・柳田国男らが写っている。
  両脇の顔写真6人は 柳田國男、岡田武松、中野治房、
  嘉納治五郎、杉村楚人冠、バーナードリーチ

conv0009_201601141935468ae.jpg

       手賀沼 「文学の広場」

  自動車を 我孫子市内の○○デンキ店の駐車場に置き
  ここから 左周りで出発
     手賀沼湖畔へ。

conv0008_20160114193544fd0.jpg

   ここには 斎藤茂吉の歌碑もある。
  「春の雲かたよりゆきし昼つかたとほき真菰に雁しづまりぬ」
  茂吉が 昭和8年に 我孫子の「柴崎沼」訪れた際に詠んだが 
  その「柴崎沼」 今はなく この場所に建立したとある。

conv0009_201601141935468ae.jpg
     「手賀沼ゆかりの文人」

  文人たち 特に白樺派の中心人物の
  柳・志賀・武者小路が 手賀沼畔に
  移り住み文学にとどまらず
  美術にも感心をよせている。

conv0011_201601141935498e8.jpg
       「志賀直哉」

conv0013_2016011419355099c.jpg

  こちらは 随筆で手賀沼の風物を世にひろく紹介した
  ジャーナリスト杉村楚人冠の碑

conv0017_2016011419370391a.jpg

  手賀沼の湖畔に 広さ約 4.6haの「手賀沼公園」へ。

  この日は 冷え込みのなか 湿った空気が流れ込んだため
  未明から 雪が舞い 初雪を観測している。
  初雪は 平年より 9日遅く 昨年より 29日遅い。

  そんな冷え込みの中 寒さに打ち勝ちながらペタルを踏む。
   皆 防寒対策は万全ですね!

conv0019_20160114193704d19.jpg

  かつて 手賀沼には ポプラ並木があり 
  その景観は 親しまれていたが 経年や台風などの影響で
  今は メタセコイアに 植え替えられている。

conv0026_2016011419371004a.jpg

conv0023_2016011419370833b.jpg

     手賀沼公園にある 「平和の記念碑」。

  そばに 「平和の灯」が燃えているが、
  我孫子市は 2015年 戦後70年と
  平和都市宣言30年に合わせた事業として
  広島市の平和記念公園内にある
  「平和の灯」から分火を受けている。
  
   何故 我孫子市にと思うが
  我孫子市には 広島・長崎で
  被爆した方々が 多かったことから
  平和活動が盛んであることにあるようだ。

conv0020_201601141937079a5.jpg

  この公園に ミニSLのレールが 敷かれている。
  丁度 12月から3月までは休業しているが
   それ以外の 土・日・祝日には
    料金は 2周200円で乗車できるそうだ。

conv0027_20160114193814b7b.jpg

  手賀沼公園を後に 手賀沼西端に 架かる
   「柏ふるさと大橋」を渡り 
  気温が低く 体温が上がらない中
     柏駅方面へ進む。

conv0029_20160114193815608.jpg

  柏駅東口近くの カレー料理専門店 「ボンペイ」へ
  開店11;30前から もう行列状態であった。
  我々も 開店とともに入店できた。

  因みに 「ボンベイ」は都市名で 
  1995年公式名称が 「ムンバイ」となり
  インドの西海岸に面するマハーラーシュトラ州 
  ムンバイ市街県の都市で インド最大の都市でもある。

conv0035_20160114193816293.jpg

  「よ~うし インドカレーの辛さを味わうぞう~!」
  「では こちらは 激辛のカシミールを体験とするか!」
  「いや そんな辛いのは遠慮するよ!」と
  
    それぞれ 違ったカレーを味わうが 
  大き目な鳥肉とジャガイモが入ったカレーだが
  辛さを 玉ねぎのピクルスで しのぎながら完食。
  額には 大粒の汗が光っていた。

conv0041_20160114193818f2b.jpg
 
  昼食も終わり まだ口の中にはスパイスが・・・
   国道16号 横浜から135km地点 脇を走る。
 
  かつて 「NHKドキュメント72時間 オンザ・ザ・ロード 
   国道16号線」で この国道16号が2014年に放映され
  横須賀~八王子~町田~春日部~柏~・・ と
  250kmになる 郊外環状線を走り
  そこに繰り広げられる 人間模様を映し出していた。

conv0042_2016011419381954e.jpg

  再び 手賀沼周遊ロードへ 戻る。

  ロード脇には いくつかの石碑が 置かれている。

conv0044_20160114193914a63.jpg
        「鼻喰い田」

  昔 敵味方の大将同士が一騎打ちとなり
組合ながら田んぼに転落し 泥の中で
苦しむあまり 相手の鼻に喰らいついたことから
  この田んぼを「鼻喰い田」と呼ぶようになったそうだ。

conv0046_20160114193916148.jpg
       「黄金の亀」

  昔から手賀沼の深い所には 浦方の亀と称する
  「黄金の亀」が棲息していると 言い伝えられているそうだ。

conv0047_20160114193917a5c.jpg
      「日女若(ひめわか)ものがたり」

  女武者「日女若」と 若武者「新之丞」との恋物語が碑にある。

conv0048.jpg

     手賀大橋の橋脚近くにある 「風早唱歌」

  作詞者 関忠太郎氏が 風早尋常小学校で教鞭をとっていた
  1912(大正元)年の作。
     1番 大利根ゆるく船乗せて
       東に続く手賀の沼
        波静かにて葦の間を
         つくし置くなり魚り夫が
     歌詞は13番まであるという。

conv0049.jpg

  2001(H13)年に オープンした 
   道の駅 「しょうなん」へ
      ここで トイレタイム

conv0051_201601141939553e0.jpg

  柏市と我孫子市を結ぶ 「手賀大橋」を渡る。
  1964年の完成までは 連絡船が航行していたとか。

conv0052_20160114193957e5e.jpg

     手賀沼を半周して 再び 我孫子市へ

      自動車に バイクを収納して 
                      14:00 帰路へ

                           お疲れ様でした!



 



プロフィール

kukizakitetujin

Author:kukizakitetujin
茨城県つくば市茎崎地区を中心に サイクリング等を通じ健全なる心身を鍛えることを目的としたシニアクラブです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター           

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。